脱毛って痛くないの??

脱毛の仕組みを知ろう

自分でムダ毛を処理するのと違って、医療機関やサロンで行うプロの脱毛は仕上がりがキレイで脱毛効果がずっと続きます。
プロの脱毛は機械を使って毛根部に特殊な光を当てて、ムダ毛を根元から生えないようにしていくものです。脱毛は毛周期に合わせて何度か光を照射していくことで徐々に毛がなくなっていきます。基本的には黒い部分に光を集めて焼くという仕組みなので、処理するときに少し痛みが出る場合もあります。
痛みを和らげるためにサロンやクリニックではさまざまな工夫をしています。冷却ジェルなどを使用して肌を冷やしながら脱毛を行ったり、脱毛後にローションなどで肌を保護したりしています。脱毛のあとは光を照射した部分が一時的に赤くなったりしますが、すぐに治ります。

さまざまな脱毛方式がある

医療脱毛は医療用レーザーを使って行う脱毛です。光の出力が強いので、すぐに脱毛効果が現れますが、光を当てるときにゴムで弾かれたような痛みを感じるという人もいます。
サロンで行う脱毛は医療レーザーよりは出力の低いものです。IPL方式というものとS.S.C方式というものがあります。IPL方式は皮膚の下の毛根に光を当てて毛の組織を破壊する方法です。S.S.C方式は抑毛ジェルを塗った上から光を当てて毛の成長を抑える方法です。一般的にはS.S.C方式の方が肌に優しく痛みが少ないと言われています。痛みの感じ方には個人差がありますし、体の部位によっても感じ方が違います。各サロンではそれぞれ工夫を凝らして痛みや不快感が少ない新しい脱毛方法を開発しています。