医療脱毛と脱毛エステサロン

脱毛の仕組みは似ている

医療脱毛と脱毛エステ、違うといわれていますがどのような点が違うのでしょうか。医療脱毛の場合、レーザー脱毛が主流となっています。レーザーを照射することで毛のメラニンに反応し、毛を作る組織を早期に破壊できます。脱毛エステで主流となっているのは、フラッシュなどの光脱毛です。特殊な光を照射することで毛を作る組織にダメージを与えることができます。これによって脱毛効果が得られるのですが、仕組みは似ているものの、レーザー脱毛のほうが効果が高いです。レーザー脱毛は医師免許を持った医師による医療行為となっており、高い出力で照射できる分毛を作る細胞や毛乳頭を破壊するパワーがあります。光脱毛の場合は、ダメージを与える程度となっており、レーザー脱毛と比較すると倍以上の回数を重ねないと、同じ程度の効果が得られません。

それぞれのメリットとデメリットは

医療脱毛の場合、脱毛効果が早い分5~6回で施術を完了できるので短期間できれいになれることがメリットです。永久脱毛と謳えるのも医療脱毛だけです。その反面、肌への負担が大きく痛みを強く感じる人が多いです。費用も脱毛エステよりも高い設定であることが多いです。脱毛エステの場合は、出力が弱いことから12~18回程度通う必要になります。数か月おきに通ったとして、脱毛完了までに2~3年かかる計算になります。しかしながら医療脱毛よりも痛みをほとんど感じないという脱毛器も多く、比較的リーズナブルな費用であることがメリットとなっています。

このように、医療脱毛と脱毛エステでは脱毛の仕組みは似ているものの、効果など異なる点がいくつかあります。メリットとデメリットをよく比較して、自分に合った脱毛法を選ぶことがおすすめです。